Archive for the '日本語' Category

変化の問題 もう一つの意見

Mar 18 2012 Published by under Words,日本語

ヒトの徹底的な身長と進化には確かな問題がある:
小我の導きに応じた限り、何をしようとも、乗り被せた仮面を変えることと同じだ。
じつに変わりはない。
何故ならば、本当の自分の根は今、ここに宿っている環境の全てを絡まれている。
小我の行動と希望の片寄りは環境を否定して、
小我なりの価値や楽しみを増加させることしかできない。
小我なりの悔しさや無力さを減削させることしか考えていない。
自分はどうしてこの偽善的な、人工的な、脆すぎて仕方なく小我に頼り続けている?
頼り過ぎているよ。自分の環境の性質が変わらない限り、
自分自身は変わらない。
物質的な環境や精神的な環境でも、
どれも同じ影響の重さを持っている。

One response so far

To Nanako – 奈々子に

Mar 05 2012 Published by under Translation,日本語

“To Nanako” – Poem by: Yoshino Hiroshi

Nanako, to you who sleeps
With cheeks rosy as little apples.

The redness of your mother’s cheeks
Are just like yours.
A rouge that momentarily left her lovely face,
Leaving them pale and white
Only to find its way onto yours.
Yet another bittersweet memory for your father.

This may be sudden,
But Nanako,
I will not hold
Many expections of you.
Because I know
Just how helpless
A human being can become
Trying to live up
To the expectations of others.

All I want
Is for you to be healthy
And to love yourself.

Human beings
Lose everything that make them who they are
When they stop loving themselves.

People who have stopped loving themselves
Have stopped loving others
And lose sight of the world around them.

The moment you realize who you are,
Others will be there,
The whole world will be there with you.

Your mother and I
Will have our fair share of bittersweet hardships
Now that you are in our lives.

But for now,
We won’t allow any of them to fall upon you.

All we want you to have
Is radiant health
And the ever hard to win,
Ever hard to foster,
Love of oneself.

「奈々子に」 詩:吉野弘

赤い林檎の頬をして
眠っている奈々子。

お前のお母さんの頬の赤さは
そっくり
奈々子の頬にいってしまって
ひところのお母さんの
つややかな頬は少し青ざめた。
お父さんにもちょっと酸っぱい思いがふえた。

唐突だが
奈々子
お父さんはお前に
多くを期待しないだろう。
ひとが
ほかからの期待に応えようとして
どんなに
自分を駄目にしてしまうか。
お父さんははっきり
知ってしまったから。

お父さんが
お前にあげたいものは
健康と
自分を愛する心だ。

ひとが
ひとでなくなるのは
自分を愛することをやめるときだ。

自分を愛することをやめるとき
ひとは
他人を愛することをやめ
世界を見失ってしまう。

自分があるとき
他人があり
世界がある。

お父さんにも
お母さんにも
酸っぱい苦労がふえた。

苦労は
今は
お前にあげられない。

お前にあげたいものは
香りのよい健康と
かちとるにむづかしく
はぐくむにむづかしい
自分を愛する心だ。

No responses yet

刃物より鋭い

Nov 09 2010 Published by under 日本語

思考はね、刃物より鋭い、何もかもを切ることが出来る。
魂と心そのものが「世界」という刻まりしか生み出せない。
どうなに穏やかな癒した心だとしても、思考に裂かれたモノを元に戻せない。
ただもう一度生み出すしかない。
それが「今」って言うんだ。

No responses yet

人と言葉

Oct 17 2010 Published by under 日本語

言葉は確かな存在だ。
もう人のものなんかじゃない。
創り出されたあと、人間という生物は言葉という発明と共生的な関係になり始めてた。
その各の共生関係が寄生と宿主の関係となるはそれぞれの人次第だ。

でもそうとは限らないね。
人が一時的に言葉を完全に忘れる事ができるの。
その時、共生関係がいなくなって、

ただ一つになれる。

No responses yet

今に到着すれば、何処に行ける?

Sep 11 2010 Published by under 日本語

いつの間にか私達が一人ずつ気付いた:
全てが今、ここにいるってこと。
最初は何かの間違いだと思ったけど、
幸いでしたかな、こうやって生きて行けるようになるのは。
何故か普通の気分だったら、
これからの言うことはとっても言えにくいはずだ。
でも、今は普通じゃない、当然じゃない。

この世の全てが愛している。
いつも心の底から愛していた。
いつも愛していられる。

さぁてと、ここからは何処に行くんだろう。
ここの今、今のここに到着したら、
何処か行ける場所はあるのかな?
今のやっていること以外、何か出来ることはあるのか?

「ある」って言いたいだろう。でもね、本当にそうなの?

他のことをすれば、当然今のやっていることになるのでしょ。
今以外のことを考えれば、その思考は今にしか存在しない。
そして誰がするのでしょう?誰は誰ですか?人じゃないよ。
ただの考えだ。
そして、すれば、活動そのものがするんじゃないか?
自分と言う者は自分の活動と言う者とは消して離れはしない。
二つになれない。
それ以外はただの文法と言語の法則だけだ。
人類が勝手に創り出して、知らずに絡まれていたことだ。
なんて面白い生き物だ、人間とは。
自分たちが作った物語にそう何夢中になって、そう何魅惑されて、
本当の存在の全てを見失うくらいに好奇心深い、騙されやすい生物だ。

それとも、魅惑のせいじゃないかな。恐怖かな?
自分の冷凍したイメージがそうなに大事に思い込まれていたのか?
放せないの?
自分がいつも、偽りの現実にする考え方を?

No responses yet

変化の問題

Jul 12 2010 Published by under 日本語

自分自身を変えるのはちょっと大変だね。
以前自分の髪の毛を切ったことがあるんでしょう。
それと同じでさ。

でも、うまく切りたければ、鏡や鋏や髪型の参考が必要。
鏡で自分の髪を見て、参考を思いつつ鋏で髪を切る。
そんで、この場合は鏡が過去、髪型の参考が尊敬する人達と君の理想。
髪はもちろん君だ。

でもね、鋏は何だと思う? 何かを切るための道具だろう。
それでね、精神的に言うと、自分と世界のすべてを一つ一つに個別なモノに変化するのは何でしょか。
思考だろう。で、するのは自分自身だよな。
そう、自分を変えようとするのは、過去の君を見て、尊敬する人達と理想を参考にして、その思考を鋏にして、自分を切ることだ。

でもね、そのあとが最も重大なところだ。
切っただけで本当に何も変わっちゃいね。
無理矢理に切った欠片を別のものに変えようとしたら、ただの欠片にしか過ぎん。
本当の変化、本当の進化はね、中から展開するのだ。

鏡に見ないで、鋏を掴まないで、参考を使わないで、伸ばすだけでいいんだよ。

No responses yet